有給を取るために残業した分の手当を請求するのは違う気がするんだ。

こんにちは、Shiro-です。

 

職場で感じる不満は腐るほどありますが、

今回は「それ、なんか違くないか?」と思ったことを書きます。

 

テーマは「有給休暇を取るために行った残業の手当を求めることについて」です。

 

有給休暇を取ること自体は賛成なんですが、

休むなら仕事をきちんと調整してほしいものです。

 

明日休みたいから今日は残業してでも仕事を終わらせたい!

その気持ちは分かりますが、個人の都合で行った残業代を請求する行為に不公平を感じるのです。

残業する=調整できてない

そもそも「残業をする=仕事が終わっていない」ということなのですから、その状況で休むということ自体がおかしいことです。

 

休むために残業をするなら、それはその人が調整できてない部分であり、本来サービス残業でもして自分でケツを持つべきところです。

 

明日は有給を取りたいんです。

でもやるべき仕事が終わっていません。

なので残業します。

残って働いた分はしっかり請求します。

…オィオィ(;・∀・)

 

これは極端な例を言えば、「2日分の仕事を1日に詰め込んで次の日に休む」という行為と同じです。

 

9:00〜17:00の仕事だったとすると、

定時後にそのまま深夜0時まで残業をすれば2日分の労働時間を満たすことになります。

 

そして次の日に休みを入れたとしましょう。

するとどうなるか。

 

2日とも真面目に出勤した人間は当然、通常通りの給料しかもらえません。

 

しかし、1日のうちに仕事を詰め込んで残業代を申請した人間は実質の労働時間は同じですが、

1日は休みになり、さらに給料には残業代が丸々上乗せされる計算になります。

 

それがまかり通るなら僕は迷わず後者の労働形態を選択しますね。

 

まぁこれは極端な例ですが、今回僕が不公平を感じたことも残業時間の多い少ないがあるだけで、やっていることは同じです。

 

とはいえ、トラブルや急な顧客対応などの突発的なものも中にはあると思います。

こういった場合はまた例外で、そこで発生した残業代については仕方がないと言えます。

有給を取るために行なった残業代を請求するようなセコい人間になるな

時間外労働の単価は25%上乗せされますし、

たしかに効率的にお金を稼ぐには良いのかもしれません。

 

ある意味賢いのかもしれませんが、僕はセコいと思ってしまいます。

 

中には有給を取るための残業代を申請する例だけでなく、

残業ありきで仕事を行なっている人もいますね。

 

どうせ2〜3時間残って仕事をするんだから、適当に調整しながらのんびりやろ〜っと(´∀`)

てな感じで。

 

僕はただ単にフツーに仕事に取り組んでほしいだけなんです。

 

有給休暇を取るのは構わない。(仕事が調整できているなら)

残業代を申請するのも構わない。(急な対応、明日の会議資料が間に合わない等、事情もおありでしょうから)

 

ただ、有給休暇を取るために行った仕事の残業代を申請するのは違うんじゃないかな。

だってそれはあなたの単なるワガママだから。

私達にはそんなムダな時間はない

残業代で給料を増やそうとわざわざ仕事を遅く調整するなんて、かっこ悪くないですか?

 

そんな稼ぎ方をするんじゃなくて、仕事は早々に終わらせて家に帰り、自分の市場価値を高める行動の時間に充てたほうが良いですね。

 

なぜなら、会社の仕事をするっていうのは結局、他人のビジネスを手伝っているに過ぎません。

 

それよりも少ないながらも捻出した時間を使って、

自分のビジネスを進めた方が後々のリターンは大きくなることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください